クイーンカジノの違法性は?

クイーンカジノの違法性は? クイーンカジノ 信頼性

逮捕されない?

 

クイーンカジノ(QueenCasino)を登録しようとしている方にとって、違法性は気になるところだと思います。

何しろ以前逮捕者もでているオンラインカジノ。

それこそ自分が逮捕されたら…と考えるとぞっとしますよね。

でもこの逮捕劇には裏があります。後でご説明しますね。

 

結論から言いますと、現行の賭博法であればクイーンカジノをプレイしても逮捕される可能性は極めて低いと言えます。

 

▼登録は2分で完了!QueenCasino公式サイトを見てみる▼


パソコンでの登録方法はこちら
スマホでの登録方法はこちら
 

違法性は?現行の賭博法ではオンラインカジノを裁けない理由

クイーンカジノの違法性は?

現行の賭博法ではQueenCasinoを始めオンラインカジノ全般のユーザーを裁くのは難しいと言われています。

その理由ですが、賭博罪の成立には必要的共犯が必須だからです。

この必要的共犯とは「胴元と賭けた人のどちらもセット」という意味で、オンラインカジノのように運営会社が海外にいる場合は成立しません。

日本国内には賭けた人だけしかいないので…

 

このような背景から、オンラインカジノをプレイしていても今の賭博法では裁けないと言われているのです。

 

▼登録は2分で完了!QueenCasino公式サイトを見てみる▼


パソコンでの登録方法はこちら
スマホでの登録方法はこちら
 

違法性はないけど…逮捕者がいますが?

クイーンカジノの違法性は?

2016年にスマートライブカジノをプレイしていた日本人3名が逮捕されました。

これで安易に「オンラインカジノは違法だ!」というイメージが出来上がってしまいましたが…

スマートライブカジノは特別です。

 

というのもスマートライブカジノはあまりにも日本人向けに作られていたのです。

  • 日本人カジノディーラーがいた
  • 日本時間の夕方から深夜に営業
  • サイトが日本語対応だった

もはや海外で運営されている日本人向けオンラインカジノと言える内容だったんです。

これを放置すればなんでもありになってしまいますよね?

だから京都府警は必要的共犯が成り立たないと分かっていても動くしかなかったんです。

 

結果逮捕者3名の内、2名は罪を認めたので有罪です。

ところが最後の1名は裁判で争う姿勢を見せたので、不起訴になりました。

これが意味するのは、やはり「必要的共犯」が成り立たず勝てないことを京都府警も分かっていたんでしょうね。

 

▼登録は2分で完了!QueenCasino公式サイトを見てみる▼


パソコンでの登録方法はこちら
スマホでの登録方法はこちら
 

QueenCasinoは日本向けに作られたオンラインカジノではない

クイーンカジノの違法性は?

ではスマートライブカジノに対してQueenCasinoはどうでしょうか?

サイトが日本語対応されていますが、それ以外にも中国語や英語など様々な言語に対応しています。

以下は公式サイトの言語選択画面です↓

クイーンカジノの違法性は?

 

また日本人がディールしているテーブルは皆無ですし、営業時間は24時間ですよね?

このような状況から日本人向けに作られているオンラインカジノとは、誰も言えません。

そのためQueenCasinoをプレイしているだけでは逮捕は考えいにくいです。

 

▼登録は2分で完了!QueenCasino公式サイトを見てみる▼


パソコンでの登録方法はこちら
スマホでの登録方法はこちら
 

違法性はないけど、自宅でこっそりが基本

クイーンカジノの違法性は?

かといってあまりにも調子にのって大っぴらにオンラインカジノはプレイしない方がいいです。

例えば友人を集めて場所代をとってプレイしたりすれば、それは「胴元」扱いとなり、必要的共犯が成立して賭博法で裁かれます。

あくまで自分一人でこっそりプレイすることがオンラインカジノには求められているんですね。

今後の法律の改定にも注目をしておいた方が賢明です。

 

まとめ

現行の日本の賭博法では必要的共犯が前提となり、海外で運営されているオンラインカジノは当てはまりません。

さらにスマートライブカジノのようにQueenCasinoは日本人向けに作られているオンラインカジノではないので、警察の目にもとまることはないと言えます。

今の状況であればグレーではありますが、ある程度安心してプレイができるというのが結論になります。

▼登録は2分で完了!QueenCasino公式サイトを見てみる▼


パソコンでの登録方法はこちら
スマホでの登録方法はこちら

コメント