クイーンカジノのライセンスは?

クイーンカジノ 信頼性

ダブルライセンスの威力。

 

クイーンカジノは他社優良オンラインカジノのようにライセンスを取得しており

公正にカジノを運営しています。

 

「PAGCOR(パグコー)」と「キュラソー」のダブルライセンスです。

正式なアナウンスがあったのか不明ですが、2018年の夏頃にキュラソーライセンスを取得したようで

公式のフッター部分にキュラソーのロゴが加えられています。

クイーンカジノのライセンスは?

 

ではこの「PAGCOR」と「キュラソー」のライセンス

一体どの程度信用ができるものなのでしょうか?

 

▼登録は2分で完了!QueenCasino公式サイトを見てみる▼


パソコンでの登録方法はこちら
スマホでの登録方法はこちら
 

PAGCOR(パグコー)のライセンスとは?

クイーンカジノ ライセンス

 

フィリピンはカジノ大国として有名ですが

すべてのランドカジノは政府が運営しており公営です(民間は禁止されています)。

つまり日本のJRA(日本中央競馬会)やJLA(日本宝くじ協会)と似ていますね。

 

フィリピンではPAGCOR(パグコー)という政府管轄のカジノ運営公社が

これらのカジノを運営しています。

クイーンカジノ ライセンス

PAGCOR公式サイト↑

QueenCasinoもこのPAGCORからライセンスを発行してもらっているので

フィリピン政府の監視下にあるといっても過言ではありません。

 

フィリピンのようにカジノの歴史の長い国の政府機関に監視されているということは

それだけでも一定の社会的信頼性に繋がってきます。

 

またカジノの収益はフィリピン政府の税収の多くを占めるので

何かがあって評判を落とすのはフィリピン政府にとっても命とりです。

 

そのためこのPAGCORという機関は厳しく運営されており

QueenCasinoがいかに安心してプレイできるかが分かります。

 

▼登録は2分で完了!QueenCasino公式サイトを見てみる▼


パソコンでの登録方法はこちら
スマホでの登録方法はこちら
 

キュラソーライセンスとは?


キュラソー島(旧オランダ領アンティルとして知られている)はカリブ海を構成する島の一つです

世界でも最も古いゲーミングライセンス発行地域で

もはやオンラインカジノユーザーにはおなじみの監視機関ですね。

 

健全な財務状況と合法的なカジノ設備がそろっていて初めて承認されますが

ジブラルタルやマルタなどのライセンスに比べると少し弱いです。

 

でも上場企業で1960年代操業のチェリーカジノや

日本でも安全で有名なエンパイアカジノなども同じキュラソーライセンスを保有しています。

もしもキュラソーが信用できないライセンスだとしたら上場企業が取得するでしょうか?

 

上場企業と同等のライセンスを保有しているということ自体が

QueenCasinoの社会的信用に繋がってくるのではないでしょうか。

 

▼登録は2分で完了!QueenCasino公式サイトを見てみる▼


パソコンでの登録方法はこちら
スマホでの登録方法はこちら
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はQueenCasinoの以下2つのライセンスについて解説しました。

  • PAGCOR
  • キュラソー

どちらも信頼のできるライセンスですし

ダブルライセンスを選択したQueenCasinoがいかに安全性が高いか

今回の記事で分かっていただけたのではと思います。

 

ぜひすぐに登録をして今日からQueenCasinoの魅力に触れてみてください。

▼登録は2分で完了!QueenCasino公式サイトを見てみる▼


パソコンでの登録方法はこちら
スマホでの登録方法はこちら
 

 

 

 

 

 

 

 

コメント